入会案内・会員ページ
文字の大きさ
標準

〒231-0037 横浜市中区富士見町3-1 神奈川県総合医療会館 6階
TEL:045-263-2901 / FAX:045-263-2905 メールでのお問合せはこちら

看護職とは

保健師・助産師・看護師・准看護師のことを言い、それぞれさまざまな活躍の場があります。

保健師<国家資格>

地域の人々の健康の維持や病気の予防の為に保健活動をします。
保健師は保健指導・乳幼児健診・母親学級・予防接種など、地域の人々の健康を守るのが主な仕事です。また、高齢者など自宅で療養する人々の家庭を訪問し、健康についてアドバイスをおこないます。

助産師<国家資格>

女性の健康や出産をトータルでサポートします。
女性の健康や出産への支援だけでなく、思春期の性や婦人科疾患の相談、更年期の症状改善への指導など、女性が生涯を通じて心身の健康が保てるようにかかわります。

看護師<国家資格>

病気やけがをした人の回復を助け、身のまわりのお世話をします。
看護師は病院の他にもさまざまな所で働いており、就業場所によって仕事内容は異なります。病院では医師の診断や治療を助け、注射や与薬、検査の介助等をします。また、患者さんの身の回りの世話やその家族への対応がおもな仕事です。医療の進歩によって看護師の仕事は、幅広い知識や先端医療への対応が求められるようになっています。

准看護師<都道府県知事免許>

医師・歯科医師、または看護師の指示を受けて仕事をします。
さらに進学すると看護師への道もひらけます。

パンフレット

小・中学生向け
日本看護協会 HPより現場で働く看護師が、看護の仕事のエピソードを投稿した、「わすれられない看護エピソード集」がご覧いただけます。