入会案内・会員ページ
文字の大きさ
標準

〒231-0037 横浜市中区富士見町3-1 神奈川県総合医療会館 6階
TEL:045-263-2901 / FAX:045-263-2905 メールでのお問合せはこちら

7月5日からの梅雨前線による九州北部地方の大雨に伴う災害支援について

標記災害について、以下のとおり日本看護協会から報告がありました。

(7月19日9時00分現在)

1.被害状況
(1)人的被害
        ①死者    大分県3名、福岡県31名
        ②行方不明  福岡県 連絡が取れない者7名
        ①負 傷 者  大分県4名、福岡県10名

(2)住家等被害
        ①倒壊家屋  大分県 全壊15棟、半壊11棟
                             福岡県 全壊87棟、半壊23棟

2.その他
・大分県では、6か所の避難所に85人が避難しており(7月18日9時00分現在)、福岡県では朝倉市の7か所の避難所に791人が避難、東峰村では35名が自主避難している(7月19日6時00分現在)。
・保健師が活動を続けている。
・大分県看護協会は7月11日(火)より避難所2か所に2名ずつ、2泊3日で災害支援ナースを派遣している。7月17日(月)をもって派遣を終了する予定。
・福岡県看護協会は7月15日(土)より避難所4か所へ2名ずつ、2泊3日で災害支援ナースを派遣開始。
・現在、朝倉市・東峰村の避難所にて活動中。7月31日(月)まで派遣を予定している。

3.災害支援ナース派遣の対応
【災害レベル1】で対応中であり、引き続き、被災県看護協会と連携し、情報収集を行う。

【レベル1】(単独支援対応)被災県看護協会のみで看護支援活動が可能。
【レベル2】(近隣支援対応)被災県看護協会のみでは困難または不十分であり、近隣看護協会からの支援が必要な場合。
【レベル3】(広域支援対応)被災県看護協会及び近隣県看護協会のみでは不十分であり、活動の長期化が見込まれる場合。

現時点では、神奈川県看護協会への派遣要請はございません。今後の状況を確認しながら、必要時に情報を提供してまいりますので、よろしくお願いいたします。