入会案内・会員ページ
文字の大きさ
標準

〒231-0037 横浜市中区富士見町3-1 神奈川県総合医療会館 6階
TEL:045-263-2901 / FAX:045-263-2905 メールでのお問合せはこちら

認定看護管理者教育課程セカンドレベル

教育理念

国際化、情報化へと変化する中でグローバルな視野で地球上に起こりうる環境と生態系への影響に関心を持ち、生命体としての人間のよりよい健康を維持するためにヘルスケアニーズを判断し、一人ひとりのセルフケアマネジメントを支援できる看護管理者を育成する。

詳しくは日本看護協会のホームページをご覧ください

資格認定制度 | 日本看護協会 » 認定看護管理者

教育目的

ファースト
レベル

  1. 看護専門職として必要な管理に関する基本的知識・技術・態度を習得する。
  2. 看護を提供するための組織化並びにその運営の責任の一端を担うために必要な知識・技術・態度を習得する。
  3. 組織的看護サービス提供上の諸問題を客観的に分析する能力を高める。

セカンド
レベル

  1. 第一線監督者または中間管理者に求められる基本的責務を遂行するために必要な知識・技術・態度を習得する。
  2. 施設の理念ならびに看護部門の理念と整合性をはかりながら担当部署の看護目標を設定し、その達成をめざして看護管理過程が展開できる能力を高める。

教育内容及び時間数

教科目 ねらい 時間数
看護組織管理論
  1. 組織運営に関する諸理論に基づき、担当部署の看護管理過程を評価し、質向上のための方策を見いだす。
45
人的資源活用論
  1. 組織の理念、経営目標を達成するための中心的要素である人材の確保・育成・活用等、人的資源管理に必要な知識・技術・態度について理解できる。
  2. 看護職者のキャリア開発について、概念・理論・具体的方法について理解できる。
45
ヘルスケア
サービス管理論
  1. 保健・医療・福祉サービスを 提供する上で必要な基本的考え方と具体的な方法について理解できる。
  2. 他職種・他部門・他施設・地 域との協働・連携の方法論について理解できる。
45
医療経済論
  1. 医療経済の構造・現状について学び、変革が進む医療システムについて理解できる。
30
統合演習
  1. 教科目で学習した内容を統合、活用し、看護管理の実践の向上をめざす。
15

募集要項はこちら

募集・フォローアップ研修

認定看護管理者教育課程

お問い合わせ先

担当 TEL FAX
認定看護管理者教育課程 0466-55-3070 0466-55-1017