入会案内・会員ページ
文字の大きさ
標準

〒231-0037 横浜市中区富士見町3-1 神奈川県総合医療会館 6階
TEL:045-263-2901 / FAX:045-263-2905 メールでのお問合せはこちら

研修検索

地域連携のための相互研修会①

申込状況:終了
概要
研修番号
45-1
段階
Stage II
開催日(3日)
2017年
講義:7/7(金)・8/4(金)
実習:7/10(月)~8/2(水)のうち1日間
目的

県内の各地域の訪問看護ステーション、医療機関地域連携部門、介護保険施設等に勤務する看護職を対象に研修や交流を通して、相互の現状・課題や専門性を理解することを目的とする

内容
月日 時 間 講 義 名 内 容 講 師
1日目 9:40~ オリエンテーション 研修概要・実習について 研修担当
10:00~11:20 病院と地域をつなぐ地域連携部門看護の役割 ○入院・退院支援のプロセス ○退院支援・退院調整とは 調整中
11:30~12:30 施設入居者を支援する施設看護の役割 ○介護保険施設等の位置付け ○施設看護の役割 ○施設看護師はどのような人に、どのような  ことを、どこまでできるか 緑の郷 看護部長 松尾美智代
13:30~14:55 在宅療養を支援する訪問看護の 役割 ○訪問看護の役割、機能、位置づけ ○訪問看護師はどのような人に、どのような  ことを、どこまでできるか ウェルケアクリニック 副院長・在宅療養部長          横山郁子
15:05~16:30 在宅療養を支援する在宅医の役割 ○在宅療養を支援する在宅医の役割 ○医療チームとの連携、医師間の連携 ○在宅医の現状と課題 ウェルケアクリニック 院長        小野寺直樹
2日目 実習 施設に準じる 〇医療機関地域連携部門での実習     ○訪問看護ステーションでの実習 ○介護保険施設での実習 *上記いずれかを選択し見学実習 ○病院の医療連携・退院調整の実際を  学ぶ  ○在宅療養者の訪問看護の実際を学ぶ ○施設利用者の施設看護の実際を学ぶ 各実習指導者
3日目 10:00~12:30 事例を通して学ぶ多職種連携 ~チームメンバーの専門性や役割を知ろう~ 一つの事例を通して、入院から退院後までの支援の経過と連携について 調整中
13:30~16:30 グループディスカッション  「みんなでつくろう地域連携のわ」 近隣の様々な施設で働く看護職で自分たちの地域の連携についてディスカッションする 神奈川県看護協会 地域看護課

 

定員
40名
会場

県ナースセンター研修室

横浜市営地下鉄 伊勢佐木長者町駅より徒歩4分

受講条件

看護職 受講条件有り

受講料・資料代

3,000円(3 日間)

申込
申込期間
~ 2017年05月19日
申込方法

下記の申込用紙に必要事項をご記入の上、FAX又は郵送にてお申込みください。
採否通知は応募者全員に郵送いたします。

開催案内・申込用紙はこちら>>

《問合せ》
(公社)神奈川県看護協会地域看護課
〒231-0037 横浜市中区富士見町3-1
TEL045-263-2933 FAX045-263-2905