入会案内・会員ページ
文字の大きさ
標準

〒231-0037 横浜市中区富士見町3-1 神奈川県総合医療会館 6階
TEL:045-263-2901 / FAX:045-263-2905 メールでのお問合せはこちら

研修検索

平成29年度県民のための講演会「日本人は”命”をどう考えたか」

申込状況:終了
概要
開催日
2017年09月26日(火)
時間
14:00~15:30(受付13:30~)
講師
宮田 修 先生

1947年(昭和22年)、千葉県生まれ。1970年(昭和45年)、埼玉大学卒後、NHKに入局し、アナウンサーとなる。
1995年に発生した阪神・淡路大震災では「大震災の第一報を伝えたアナウンサー」として多くの人々の記憶に留まっている。
震災後は東京本部に転勤となり、NHKの看板番組「ニュース7」の土曜、日曜のキャスターを務める。
2008年(平成20年)にNHKを退職し神職に専念する傍ら、講演活動をしている。
目的

NHKアナウンサー時代に阪神大震災のニュースを7時間にわたり生放送で視聴者に伝え続ける経験をし、その後NHKを退社し神職の道へ。そこで当時の震災報道の経験と、現在の神職を学ぶことで気付く日本古来からある伝統文化の大切さや、命の継承についての大切さを語ります。

定員
300名
会場

神奈川県総合医療会館 7階講堂(横浜市中区富士見町3-1)

受講条件

県民

受講料・資料代

無料

申込
申込期間
~ 2017年09月26日
申込方法

下記、記開催案内のとおり、1FAX・2メール・3電話申込にてお申し込みください。

申込期間過ぎましたが、定員に満たないため締切延長して、受付しております。

開催案内(PDF)はこちら>>

《問合せ先》
公益社団法人神奈川県看護協会 企画・会員班  担当者/古河・齋藤
TEL:045-263-2918(直通)