入会案内・会員ページ
文字の大きさ
標準

〒231-0037 横浜市中区富士見町3-1 神奈川県総合医療会館 6階
TEL:045-263-2901 / FAX:045-263-2905 メールでのお問合せはこちら

2019年度 重点事業

2019年度重点事業

fig_theme_01

 我が国が人口増加社会から人口減少社会へと転換期を迎える中、神奈川県の人口も2020年以降徐々に減少することが見込まれ、少子高齢化の進展がますます加速していきます。こうした中、神奈川県は2025年に向けて、『誰もが元気で生き生きとくらしながら、必要なときに身近な地域で質の高い医療・介護を安心して受けられる神奈川』を目指しています。

 今後、看護職に期待される役割はより範囲を広げ、重要性も増してきますので、公衆衛生の向上と県民の健康保持、増進に寄与することを目的として活動する職能団体である看護協会が果たすべき役割りはますます重要になってきます。また、地域包括ケアの推進においては、医療・介護・予防・住まい・生活支援にわたって包括的に協働できる体制整備が急務です。

 全国各地で地震・豪雨・台風等自然災害が頻発しており、いつどこで災害が発生しても対応できる準備が必要です。

 これらの状況をふまえ、2019年度は次の事業に重点的に取り組むこととします。

地域包括ケア推進に携わる看護職の資質向上とその支援

1) 病院から地域への円滑な移行を進めるための看護職員研修の充実

2) 地域看護領域で働く看護職の資質向上に向けた研修の充実

3) 地域包括ケアの充実に向けた多職種連携の推進

看護職の働きやすい職場環境づくりへの支援と就業促進

1) 職場環境改善に向けた研修の充実

2) 働きやすい職場環境づくりに向けた看護管理者研修の充実

3) 就職情報の充実と就業支援の促進

時代のニーズに対応した継続教育の充実とキャリア支援の推進

1) 質の高い看護実践を推進する看護管理者研修の充実

2) 小規模施設で働く看護職員・管理者研修の充実

3) 看護師のクリニカルラダー活用の推進

災害時対策の充実

1)災害看護実務研修・管理者研修の充実

2)災害支援ナースの育成の推進

3)災害支援に関わる関係機関等との連携強化と対応訓練の充実