ご挨拶

 日頃より、公益社団法人神奈川県看護協会の事業運営に、ご支援、ご協力を頂きまして、ありがとうございます。心より感謝申し上げます。
 当協会は、看護の資格(保健師、助産師、看護師、准看護師)を有する皆さまが任意に加入し、看護の場における量的、質的な環境づくりを支援する職能団体です。そして、公衆衛生の向上と県民の健康保持、増進に寄与することを目的としています。
 神奈川県内には現在、約76,000人の看護職の皆さまが業務に従事し、また、約36,000人の皆さまに、看護協会に登録していただいています。
 当協会は、生命・自律・情熱という三つの理念のもと、重点事業を掲げ、定款に沿った公益目的事業や会員に対する支援事業、法人管理事業を展開しています。様々な事業の企画・運営が、ひいては県民の皆さまへの、安心できる保健・医療・福祉サービスの発展に貢献できればと考えています。
 人口減少や超高齢社会を迎えた現代において、看護職に期待される使命は大変大きいと感じています。時代の変化や社会のニーズに応えられるよう、会員と共に役割を発揮していきたいと思います。今後ともどうぞよろしくお願いします。

公益社団法人神奈川県看護協会
会長 花井惠子