1月1日に発生した令和6年能登半島地震において亡くなられた方々のご冥福を心からお祈り申し上げますとともに、被災された方々にお見舞い申し上げます。
 また、被災地域で支援活動に尽力する看護職の皆さまに心から敬意を表します。

神奈川県看護協会災害支援ナースの支援活動について

 神奈川県看護協会災害支援ナースは2月17日のいしかわ総合スポーツセンターへの派遣をもって、すべての活動を終了しました。
 日本看護協会からの災害支援ナース派遣活動も、2月29日をもち全て終了となりました。
 神奈川県看護協会では、3月5日に災害支援ナース活動報告会を開催すると共に、災害支援ナースの皆様に感謝状を贈呈する予定です。

 2024年1月1日に発生した令和6年能登半島地震では、最大震度7の地震が観測されました。この大きな揺れは、建物の損壊だけではなく、地盤の隆起、津波の発生、そして火災も引き起こしました。
 この未曽有の災害への支援活動として、1月9日、日本看護協会より災害支援ナースの派遣要請があり、神奈川県看護協会では、直ちに災害支援ナースへの一斉メール行いました。その結果はわずか1日足らずの間に188 名の災害支援ナースより出動の可否に回答をいただき、1月12日から、1班2名の体制での応援派遣につなげることができました。
 神奈川県看護協会の災害支援ナースは、活動当初、他都県の災害支援ナースや行政と共に、輪島市の鳳至小学校の避難所で被災者の支援活動に携わりました。しかし医療ニーズが減少したことから、2月8日で鳳至小学校での活動を終了し、同日より新たに、いしかわ総合スポーツセンター(1.5次避難所)での活動を開始させました。ここでは日勤・夜勤を通じ、被災者の生活支援に関わりました。2月中旬より、災害支援ナースの活動が縮小される方向となり、神奈川県看護協会からの災害支援ナースの派遣は2月17日で終了と、さらに2月29日を持ちすべての都府県の災害支援ナースの活動が終了になりました。
 支援活動の終了を持ち、神奈川県看護協会の派遣調整も一区切りとなります。また、災害支援ナースの管理体制は、神奈川県と各施設の協定締結の基派遣調整がなされることになり、来年度、神奈川県看護協会が携わることはなくなりました。
 しかし、現実的な被災地の復興と再生の道程はこれからが本番です。遠く離れた神奈川県からではありますが、私たちひとり一人が生活の中で被災地に心を寄せていくことが求められます。
 また、災害支援ナースの制度は変わりますが、神奈川県看護協会では、今回被災地で活躍した災害支援ナースのように、被災地のため、被災者のために活動できる実践力と志を持つ看護師の育成に努めて参ります。  (3月1日更新)

災害支援ナースの派遣・活動報告

第1陣:出発日1月12日(金)

  • 派遣人数:2名  静岡県看護協会災害支援ナース2名と共に活動
  • 活動期間:1月12日から1月15日
  • 活動場所:鳳至小学校
第1陣災害支援ナース(高橋・松石看護師)より提供

第2陣:出発日1月15日(月)

  • 派遣人数:2名  京都府看護協会災害支援ナース2名と共に活動
  • 活動期間:1月15日から1月18日
  • 活動場所:鳳至小学校
第2陣災害支援ナース(安彦・室岡看護師)より提供

第3陣:出発日1月18日(木)

  • 派遣人数:2名  奈良県看護協会災害支援ナース2名と共に活動
  • 活動期間:1月18日から1月21日
  • 活動場所:鳳至小学校
第3陣災害支援ナース(三田村・蛯子看護師)より提供
※神奈川県看護協会より派遣されている災害支援ナースがNHKの取材を受けました。こちら(NHK NEWS WEB)からご覧いただけます。
※神奈川県看護協会より派遣されている災害支援ナースが産経新聞の取材を受けました。こちら(産経ニュース)からご覧いただけます。

第4陣:出発日1月21日(日)

  • 派遣人数:2名  東京都看護協会災害支援ナース2名と共に活動
  • 活動期間:1月21日から1月24日
  • 活動場所:鳳至小学校
第4陣災害支援ナース(下島・石塚看護師)より提供

第5陣:出発日1月24日(水)

  • 派遣人数:2名  神奈川県看護協会単独で活動
  • 活動期間:1月24日から1月27日
  • 活動場所:鳳至小学校
第5陣災害支援ナース(柴崎・鈴木看護師)より提供

第6陣:出発日1月27日(土)

  • 派遣人数:2名  神奈川県看護協会単独で活動
  • 活動期間:1月27日から1月30日
  • 活動場所:鳳至小学校
第6陣災害支援ナース(小川・菅谷看護師)より提供

第7陣:出発日1月30日(火)

  • 派遣人数:2名  神奈川県看護協会単独で活動
  • 活動期間:1月30日から2月2日
  • 活動場所:鳳至小学校
第7陣災害支援ナース(芦澤・小俣看護師)より提供

第8陣:出発日2月2日(金)

  • 派遣人数:2名  神奈川県看護協会単独で活動
  • 活動期間:2月2日から2月5日
  • 活動場所:鳳至小学校
第8陣災害支援ナース(櫻井・谷川看護師)より提供

第9陣:出発日2月5日(月)  鳳至小学校での活動が終了

  • 派遣人数:2名  神奈川県看護協会単独で活動
  • 活動期間:2月5日から2月8日
  • 活動場所:鳳至小学校
第9陣災害支援ナース(長島・原看護師)より提供

第10陣よりいしかわ総合スポーツセンターでの活動が始まりました。

 いしかわ総合スポーツセンターは1.5次避難所です。
 1.5次避難所とは、乳幼児家庭、65歳以上、障害のある方が2次避難所に移るまでの待機場所的な役割を担っています。 
 神奈川県の災害支援ナースは、他都県の災害支援ナースらと共に、日勤と夜勤をしながら被災者の生活支援を行いました。
 医師や保健師チーム、DHEATDMAT、介護士チーム、YMCAなど多数の支援団体、行政と共同しながら、看護の視点を活かし被災者への支援活動に努めました。

メインアリーナ(避難所仕様のテント)
サブアリーナ(介護ニーズの高い方用、療養型)
スタッフミーティング(深夜) 
フロアマップ(赤:嘔吐者、青:コロナ陽性、黄:発熱者、緑:転倒・転落履歴ありの人の表示)

第10陣:出発日2月8日(木)

  • 派遣人数:2名  他都府県と共に活動
  • 活動期間:2月8日から2月11日
  • 活動場所:いしかわ総合スポーツセンター

第11陣:出発日2月11日(日)

  • 派遣人数:2名  他都府県と共に活動
  • 活動期間:2月11日から2月14日
  • 活動場所:いしかわ総合スポーツセンター

第12陣:出発日2月14日(水)  

  • 派遣人数:2名  他都府県と共に活動
  • 活動期間:2月14日から2月17日
  • 活動場所:いしかわ総合スポーツセンター

2月17日で神奈川県看護協会 災害支援ナースの活動は終了しました