新型コロナウイルス感染症の完全な収束が見通せない中、令和4年度は、ウイズコロナ・アフターコロナとして、新生活様式を取り入れて、神奈川県看護協会の事業を進めていく必要があります。2025年も目前に迫り、少子高齢化の進展は加速していきます。看護職能団体として将来を予測し、先進的かつ柔軟な姿勢で臨む必要があります。
 全国で広範囲かつ大規模な地震、台風、風雨による土砂崩れや河川の氾濫など、想定を超える大災害が発生しています。更には、新型コロナウイルス感染症対策にも継続して取り組む必要があり、今後も災害・感染への対策強化が重要となってきます。
 さらに、病院や施設・地域領域において、安全で安心な看護の提供と質の高い看護職の育成支援を継続し、県民の健康の保持増進に寄与していくことが当協会の果たす役割と考えます。医療ニーズの高まりと働き方改革の流れの中で、職場環境改善への支援に取り組むとともに神奈川県の看護の魅力を広く発信し、看護職の定着と確保に努めてまいります。

 令和4(2022)年度は次の事業に重点的に取り組むこととします。

感染・災害時対策の充実

  1. 感染症防止対策についての研修や感染防止啓発事業の強化
  2. 中小規模施設への感染防止対策支援
  3. 災害支援ナース育成の推進と災害発生時の支援体制整備

時代のニーズに対応した質の高い看護職の育成とキャリア支援の推進

  1. 安全で質の高い看護実践力を養う研修の実施とキャリア支援
  2. 情報通信技術(ICT)を活用した研修受講の利便性の向上
  3. 小規模施設、介護施設、クリニック等に勤務する新人から管理者までの継続教育及び クリニカルラダー推進への支援

地域包括ケアの充実と多職種連携の推進

  1. 訪問看護領域で働く看護職の育成と質向上
  2. 地域包括ケア推進のための多職種連携の支援

看護職の働きやすい職場環境づくりへの支援と就業促進

  1. 働きやすい職場環境づくりへの支援の充実
  2. 看護職としてのキャリア継続支援の推進と就業支援の促進